下肢静脈瘤の手術方法|基本的な症状を知ろう

通いやすい病院にする

医者と看護師

子どもが病気になったときには、迅速に的確な診断ができる小児科医を選ぶようにします。伊丹にある小児科は、ほとんどの場合で、待合室が楽しく過ごせるようになっています。子どもは、かかりつけ医を持つようにすると、病気になったときにも安心です。

もっと見る

老人性いぼへの対処法

病院

老人性いぼとも呼ばれる脂漏性角化症は皮膚の老化現象による良性腫瘍の一種です。放置していても健康に問題はありませんが、顔などの目立つ部分にできたいぼは除去することもできます。大きないぼは外科手術によって切除します。凍結療法やレーザー切除術、電気焼灼療法は傷跡がほとんど残らないため人気があります。

もっと見る

足が不自由な方の健康を

介護

足が不自由だったり、介護で動けない場合等に、どのように医療を受けてよいか悩んでしまうこともあるものです。もし世田谷区でそんな悩みを解決したいのならば、世田谷区の在宅医療サービスを利用してみることをオススメします。家にいながら充実した医療を受けることができるため安心です。

もっと見る

切開しない手術方法もある

ファミリー

静脈の弁が破壊される

下肢静脈瘤は、ふくらはぎの血管が瘤のように膨らんだり、皮膚の表面に血管が網目状に浮き上がって見えるなどの症状があります。足にむくみを感じたり、痛みを伴うこともあるようです。また、痛みはなくても外観を気にして病院を受診される方が多いようです。下肢静脈瘤は誰にでも起こり得るもので、とくに高齢の方に多い病気です。下肢静脈瘤は静脈の弁が破壊されたり、正常に機能しなくなることが原因で起こります。これは、加齢や長時間立ち仕事をしている方に起こりやすいようです。手術により、原因となった静脈を抜き取ったり、焼いてしまうことで治ります。また、下肢静脈瘤の治療は血管外科や血管治療を専門とする病院で行います。大阪には、下肢静脈瘤の専門医も多数います。

診断も手術も簡単です

もし下肢静脈瘤の疑いがあれば、専門医の診察を受けてください。血管の病気なので不安に感じる方も多いようですが、診察は緊張するほどのものではありません。医師による問診や触診のあと、超音波検査をします。超音波検査とは、下肢静脈瘤が疑われる部分にゼリー状のものを塗り、血管の状態をモニターで確認するものです。妊婦さんが胎児の検査をするときに使うものと同じで、痛みも何もありません。手術が必要になった場合も、切開せずに済む手術方法もあります。大阪の病院では、レーザー照射で静脈を焼く方法を取りいれているところも多数あります。レーザーファイバーという極めて細い管を通すだけですから、傷口も小さく局所麻酔で済みます。70代の患者さんも多数この手術を受けられています。手術も短時間ですので、日帰りできます。大阪の下肢静脈瘤を専門とする病院では、予約診療ができる所もあります。大阪市内はもとより、府内にも多数の専門医がいます。